紫外線が肌に与える悪影響

一年を通して日中外出をする際には、紫外線によるダメージを受けている状態となりますので、きちんと紫外線対策を行わないと健康にも美容にも悪い影響を与える可能性が高いと言われています。

そもそも紫外線とは、波長の長さによってUVA、UVB、UVCの3種類に分類され、特に太陽から多く地表に届くといわれているのがUVAです。UVCはオゾン層に吸収されほとんど地表に影響を与えないため、主に紫外線トラブルの原因と言われているのがUVAとUVBとなります。

一般的に紫外線を浴びると肌が黒く変色する日焼けの症状が起こりますが、肌の炎症だけできちんとケアをすれば問題ないとイメージしている方は多いのですが、これは紫外線に寄るUVAが真皮層まで達し、肌の弾力性を支えているコラーゲン繊維を破壊してしまっているため、肌ダメージを強く受けてしまっている状態になります。

そのため繰り返し紫外線を浴び続けると肌の光老化が起こり、肌の弾力がなくなり皮膚のたるみ、シワなどの老化トラブルや、皮膚の免疫力も低下させてしまう危険があるのです。

UVAは波長が長い特徴があり雲や窓も通り抜けてしまうので、曇っている日に外出する場合や室内にいる場合でも、長時間浴び続けると老化の強い原因になるため、帽子や日傘、日焼け止めなどを利用して対策を行う必要があります。

UVBはUVAに比べて波長が短いため、皮膚内部の真皮まで届きにくい特徴がありますが、エネルギーが高く表皮細胞を傷つける程の高いダメージ力があるため、紫外線により発生した活性酸素が細胞にダメージを与えることでシミや皮膚ガンを引き起こす原因となってしまいます。

そのため少しでも紫外線から肌を保護するためには、夏場など一年の中で紫外線量が多くなる季節は、AM10:00頃~PM2:00頃など紫外線量が一気に増える時間帯の外出は出来るだけ避けたり、どうしても外出をしなくては行けない場合は、日焼け止めクリームやパウダーを利用して露出した肌を保護したり、自転車や車に乗る場合には腕を紫外線から守るハンドカバーやマスクなどを装着して、直射日光を浴びないようにするなど、対策をとることが重要になります。

また最近では瞳から直接紫外線を浴びてしまうことで、肌のシミやソバカス、シワなどの老化トラブルの原因になる可能性も高いので、UV加工された眼鏡やサングラスを装着して外出するのも高い紫外線対策効果があると言われています。

 

シワができる原因と解決法

顔に現れた浅く細かなしわはちりめんじわと呼ばれますが、ちりめんじわは表皮の外側の角層にできるものです。年齢と共に肌中に水分を保持しておく働きが弱まり、保湿力が低下することで乾燥が起こってしわが現れます。

保湿力が失われる原因を細かく見ていくと、角質細胞に含まれるアミノ酸や角質細胞同士をつなぐ細胞間脂質が減少することが関係しています。

表情じわの場合は、表情を作る時にできるしわがそのまま残ってしまうものであり、その人の癖によってどの部分に現れるかが異なります。

目じりや眉間、額などに多く見られ、一度しわが刻まれると段々と深くなっていく傾向にあります。

なぜこの表情じわができるのかというと、紫外線を浴びたりして肌が乾燥し、肌を元に戻す働きが弱まるからです。

この時肌中では何が起こっているのかというと、肌中の潤い成分であるコラーゲンやエラスチンが壊れて減少してしまうためにしわが肌に記憶されてしまいます。

一般的によく見られるしわは真皮じわで、少し深い部分にまで達しています。コラーゲンに刻まれたしわであり、老化が主な要因となっています。

老化以外にも紫外線は懸念される要因であり、皮膚の弾力が失われて皮下脂肪の重力によって表皮がたるむことで現れます。

このしわは目の下やほうれい線、首などによく現れ、コラーゲンやエラスチンの減少が深く関わっています。

他にも生活習慣が関係しているケースがあり、姿勢が悪くて顔の筋肉が首の方に引っ張られることでも起こります。

しわの中でも深いタイプですので、適切な対処が必要です。

全てのしわに有効な解決法としては、保湿成分を毎日たっぷりと補うことが有効です。

おすすめはセラミドであり、浸透率の良いタイプを選ぶことでしっとりとした肌を長時間キープすることができます。

基本をセラミドとして、そこにコラーゲンやヒアルロン酸を補うのも効果的です。

肌中で生成量が減った成分を補えば、乾燥から肌を守ることができます。

真皮じわのようにたるみによるしわの場合には、保湿を行うだけでは足りません。

保湿を行いつつも表情筋を鍛えるケアをしなければなりません。顔にも筋肉がついていますが、年齢を重ねると共に体の筋肉と同じように落ちていきます。

筋肉が落ちると皮下脂肪を支えることが難しくなってたるみにつながりますので、表情筋を鍛えるためのフェイスストレッチを行うことが大切です。

あいうえおを発音する際の形を大げさに行うだけでもフェイスストレッチはできます。

 

肌をきれいにする栄養素

年齢を重ねても美しい肌をキープしたい人も多いでしょう。

肌を綺麗にするためには新陳代謝を活性化させることがポイントです。

新陳代謝は加齢やストレスによって乱れてしまうため、美肌に欠かせない栄養素をしっかり取り入れるようにしましょう。

ビタミンが肌に良いという話を聞いたことのある人は多いかもしれません。

しかし、この栄養素の名前を聞いたことはあってもどのようなものなのかよく分かっていない人もいるでしょう。

ビタミンはタンパク質や脂質、糖質、ミネラルと並ぶ五大栄養素の一つであり、人間が生きていくのに欠かせない栄養素と言われています。

美肌やダイエットに大きな役割を持っているのですが、体内では生成できないものもあるため、食事やサプリメントからしっかり摂取するようにしましょう。

ビタミンAは細胞の分化に必要な栄養素と言われています。

髪や爪、肌などは常に新しいものに生まれ変わっているのですが、特に肌は新陳代謝によって約28日周期で新しく生まれ変わっているということです。

この栄養素は細胞を活性化させる働きがあるため、不足すると新陳代謝が乱れてしまいますし、肌トラブルのリスクが高まるとされています。

また、ニキビで悩んでいる人にもおすすめの栄養素と言えるでしょう。

ちなみに、この栄養素は体外に排出されにくいため、過剰摂取には注意が必要です。

ビタミンCは美肌には欠かせない役割を担っている栄養素であり、化粧品などにも多く使われています。

肌に関するこの栄養素の役割は大きく分けると2つであり、活性酸素を抑える効果やコラーゲンの生成をサポートする効果などが期待できます。

肌は酸化することで老化に繋がってしまうため、活性酸素を抑えることが綺麗な肌を保つために重要です。

コラーゲンは美肌に欠かせないものだと知っている人も多いでしょう。

皮膚を構成する真皮の90%はコラーゲンでできていると言われていますし、細胞と細胞の間を繋ぐという役割も果たしています。

コラーゲンが減少すると細胞間が凹んでしまいますし、シワやたるみなどの原因となってしまうでしょう。

ハリやツヤのある綺麗な肌をキープするためにはコラーゲンが欠かせませんし、コラーゲンの生成をサポートする栄養素を摂取することが大切なのです。

年齢を重ねると肌の悩みが増えますが、ビタミンEには若返り効果があると言われています。

肌の老化が気になり始めたらできるだけ早くこの栄養素を摂取した方が良いでしょう。

 

毛穴と肌のたるみの関係性と解決法

毛穴が広がっているときめ細やかな肌に見られないため、美容的に損なわれると嫌われる傾向があります。

女性なら、毛穴が広がっている部分にはファンデーションなどの化粧品のノリが悪く、とても厄介な存在として扱われていますが、毛穴が広がってしまう原因として、肌のたるみがあることを知っておきましょう。

肌がたるむというのは、重力に従って下に垂れ下がってしまう状態です。肌を作り上げている皮膚の構造には、最も表面に存在する表皮の下に、真皮という層があります。

この真皮の皮膚を支える力が弱くなってしまうことで、下へと皮膚が垂れ下がり、同時に毛穴を広げてしまうようになります。

綺麗な円形の毛穴ではなく、形が崩れている毛穴の人は要注意です。

たるみが原因で発生している可能性が高いでしょう。

そもそも、肌のハリを作り出しているのは、皮膚の真皮に存在するコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などです。

更にこれらを作り出すもとである、繊維芽細胞が関係します。

繊維芽細胞が活性化されていれば、たるみが発生しにくい状態ですので、肌のハリがあり、若々しい見た目になります。

まだ年齢的に若い子供や20代前半の人であれば、繊維芽細胞が元気ですので、たるみが発生する確率は低めです。

たるんだとしても対策をすれば、すぐに回復するだけの力を持っています。

しかし、繊維芽細胞は年齢と共に働きが鈍ってきますので、それと同時にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といったハリを作り出す成分が減少してしまいます。

減少は20代の後半から既に始まり、特にエラスチンの減少速度が急激です。

コラーゲンは30代から徐々に落ちていき、60代後半から一気に落ちていきます。

この問題の対策として、コラーゲンなどの成分が配合されたエイジングケア化粧品が人気ですが、残念ながら市販の化粧品では真皮まで成分が届きにくいため、気休め程度のケアに終わるのが現実です。

それよりも皮膚の老化を早めてしまう、紫外線対策をしっかりしましょう。

日焼け止めや帽子、日傘などを使って、できるだけ紫外線を浴びないように工夫してください。

喫煙は良くありません。タバコを吸っている人なら、直ちに禁煙に励んでください。

ストレスが溜まると、皮膚が酸化しやすくなり、たるみを引き起こす原因になります。

抗酸化作用のある食事をとったり、ストレスを上手く解消する趣味を見つけたりするなど、生活の工夫をしましょう。バランスの良い食事も肌を健康的にします。

くすみやシミができる原因と解決方法

くすみやシミは若い頃は起きづらいですが、歳を取るとお肌のトラブルとして発生しやすいです。

この症状は皮膚の内部にあるメラニンが原因で発生しますが、太陽の光をよく浴びると起こります。

太陽の光には紫外線が含まれているため、その影響で皮膚の内部が黒くなります。

くすみやシミは根本的には日焼けに近いもので、日に焼けて肌が黒くなる現象と似ています。

問題はそれが美容の問題になることで、特にある以上の年齢になると治りづらくなります。

なぜ治りづらくなるのかというと、それは歳を取るとお肌の新陳代謝が悪くなるからです。

人間の皮膚は表面と奥の部分に分かれていて、表面の部分は活発に新陳代謝が起こります。

それに対して奥の部分は新陳代謝が起こりづらく、この性質がくすみやシミの原因になります。

歳を取ると皮膚の奥の新陳代謝化悪化して、若い頃ならば治っていた問題が改善しづらくなります。

皮膚の奥にできたくすみやシミは、普通の方法では改善できないため長期間症状が続きます。

そうなれば化粧をする時に問題になりますし、鏡を見るたびに気になるため精神的な負担にもなります。

くすみやシミは簡単には治すことはできませんが、治療法を工夫すれば改善は可能です。

改善できるやり方としては医療機関を使った方法があって、レーザーや注射を使って治せます。

この問題は皮膚の内部で起こるから治しづらいのであって、皮膚の内部まで影響を与えられれば治せます。

美容向けのクリニックでは皮膚の内部まで、影響を与える治療法がありますから改善はできます。

またクリニックに行かないくても治せる方法はあって、それは皮膚に浸透する製品を使うことです。

最近の製品は皮膚の表面に塗っても、皮膚の奥まで浸透できる特別なものがあります。

そういう製品ならば皮膚に塗るだけでも効果を得られるため、くすみやシミの問題を改善できます。

くすみやシミの問題は食べ物を工夫することによっても治しやすく、お肌に良いものをとることも効果的です。

紫外線によって皮膚の奥にできたメラニンによる問題は、生理的な現象ですが美容にとっては大きな問題になります。

メラニンによって発生したくすみやシミに対しては、クリニックを使った外科的な方法だと治しやすいです。

美容向けの製品を使った方法や日頃の食生活を見直すやり方は、時間はかかりますけど負担が軽い治し方です。

くすみやシミの問題は治しづらいですけど、治せないわけではないので解決策をよく考える事が大事です。